top of page

【自律神経失調症の鍼灸治療】大阪府/東大阪市/八尾市/柏原市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学/ 自律神経失調症/鍼灸ゆーせん

更新日:5月23日

「自律神経失調症の鍼灸治療」


ストレスにより気血の流れが停滞した状態に、鍼灸で交感神経と副交感神経のバランスを整えます。


まず脈診、腹診、舌診などで全身の状態を確認し、経絡に鍼灸を行い気血の流れを整えます。


また精神的ストレスを抱えていると首、肩、背中が凝る事が多いため、筋肉の緊張を取る事も必要です。


現代社会では知らず知らずのうちに精神的ストレスにより自律神経のバランスを崩すことは珍しいことではありません。


ストレスの感じ方は様々で、自覚がないままストレスを溜め込んでいるケースもよく見られます。


疲れが取れない時、眠れない時、やる気が起きない時、便秘や下痢などお腹の調子が優れないなど、気になる症状が続く時は自律神経失調症かも知れません。


鍼灸は自律神経のバランスを整え、長い目で見ると大いに価値があります。

 


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page