松尾芭蕉はツボのお陰で旅が出来た!? /鍼灸院/鍼灸ゆーせん/大阪府八尾市上尾町

こんばんは!

今日は松尾芭蕉とツボについて


松尾芭蕉をご存知でしょうか?

全国を旅しながら俳句を記した江戸時代の俳人です「おくのほそ道」が有名です。


松尾芭蕉は毎日の旅の終わりにやっていた習慣があります


それが足三里(あしさんり)へのお灸です


足三里は万能のツボと言われ、疲労回復 胃腸の調節などに使うツボです


スネの少し外側が足三里です


松尾芭蕉が旅を出来たのも、足三里のお陰だったと思います


是非お試しください、せんねん灸でもかまいません


ご参考になれば!


それでは失礼します!








午前

9:00~12:30

午後

3:00~8:00

時間

・午前最終受付 12:00

・午後最終受付 7:30

・学会、講習会でお休みさせて頂くことがございます。事前にお知らせします。

・住所 大阪府八尾市上尾町3丁目64-8

 090-1966-8212

  • 留守番電話の際は防犯対策のため、メッセージに「予約又は問合せの件」とお伝えください、折り返しご連絡します。

  • ​ ショートメール(SMS)でも受付けます。

  • Twitter
  • Facebook Social Icon
©2020鍼灸ゆーせん