松尾芭蕉はツボのお陰で旅が出来た!? /鍼灸院/鍼灸ゆーせん/大阪府八尾市上尾町

こんばんは!

今日は松尾芭蕉とツボについて


松尾芭蕉をご存知でしょうか?

全国を旅しながら俳句を記した江戸時代の俳人です「おくのほそ道」が有名です。


松尾芭蕉は毎日の旅の終わりにやっていた習慣があります


それが足三里(あしさんり)へのお灸です


足三里は万能のツボと言われ、疲労回復 胃腸の調節などに使うツボです


スネの少し外側が足三里です


松尾芭蕉が旅を出来たのも、足三里のお陰だったと思います


是非お試しください、せんねん灸でもかまいません


ご参考になれば!


それでは失礼します!








7回の閲覧0件のコメント