五月病と東洋医学/鍼灸院/鍼灸ゆーせん/大阪府八尾市上尾町

こんばんは!

今日は五月病と東洋医学について書きます


5月6日の前18日間を春の土用と言います


気候の変化が激しく、体の変化も激しく体調を崩しやすい時期です


春の気は肝


肝は血と関わります


ストレスで血を消耗すると肝が弱ります


肝が弱るとますますイライラ、焦燥感、ソワソワになります


東洋医学では肝の血が消耗して起こる、このような症状を五月病と言います


軽めの運動⭕️

甘酸っぱいもの⭕️


ご参考までに!

それでは失礼します!






4回の閲覧0件のコメント