top of page

【陰陽について⑥】鍼灸ゆーせん/大阪府八尾市

こんばんは! 東洋医学の基礎、【陰陽】について書きます❗️ 人体の陰陽 前回も書きましたが身体にも陰陽があり、

陰は背中、内臓、下半身

陽はお腹、皮膚、上半身


身体を流れる経絡にも陰陽があります。


経絡は24時間全身を守るため働いてます。(頼もしい❗️)


経絡での陰陽は

陰は身体の内側を走ります

陽は身体の外側を走ります


陰陽2つが助け合い身体を守っています 。なるべくお身体はいたわってあげましょう🍀🍀🍀🍀🍀


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【○○○が原因で自律神経失調症に!】大阪府/東大阪市/八尾市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学鍼灸ゆーせん

自律神経失調症の多くは情動(悲しみ、喜び、怒り、恐怖)など精神的なストレスが原因で起こる事が多いです。症状としては、抑うつ気分、不安、解離(自分が自分でない感覚)、過覚醒(ラックスできない状態)・睡眠障害などが挙げられます。 東洋医学では悲しみ、喜び、怒り、恐怖などの情動は五臓の弱りと考えます。 五臓とは肝、心、脾、肺、腎の5つです。 五臓と情動との関係を簡単に説明します。 肝は怒りに関係し、肝が

Comentarios


bottom of page