top of page

【認知症は「腎」の弱りが原因です!】大阪府/東大阪市/八尾市/柏原市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学/ 自律神経失調症/鍼灸ゆーせん

東洋医学では認知症は「腎」の弱りが大きく関係していると考えます。


東洋医学での「腎」は脳と脊髄などの中枢を支配しています。

(西洋医学での腎臓とは違います。)


脳の老化をコントロールするのも「腎」が重要な役割を果たします。


「腎」が弱ると老化は進み、「腎」が元気だと老化も緩やかになります。


「腎」の弱りが慢性化すると、物忘れを始めとする脳の衰え、また長期間悪化すると認知症になります。


認知症対策には日常での「腎」の強化が大切です。


では認知症にならない為にはどうしたら良いの?。次回からは認知症にならない為の「腎」を強くする方法をお伝えします!。


閲覧数:0回0件のコメント

Comments


bottom of page