top of page

【自律神経失調症になる原因?お腹と頭の不思議な関係。"脳腸相関"について超簡単に解説!その4】大阪/東大阪市/八尾市/柏原市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学/ 自律神経失調症/鍼灸ゆーせん

更新日:4月7日

自律神経失調症の原因"脳腸相関"について(その4)

脳腸相関とは、脳と腸は互いに影響し合うことを意味します。例えば・・・・

(良い例)・・胃腸に優しい食事は脳によい影響が起こり自律神経が整う。


(悪い例)・・胃腸に負担の掛かる食事は脳に悪影響が起こり自律神経が乱れる。


"脳腸相関"を整えるポイント。

「食事は腹8分目まで!」です。

毎日、お腹いっぱい食べると胃腸が消化に忙しく疲れてしまいます。そのため胃腸を調整している自律神経も疲弊するため、腹8分目を心がけましょう。

食後にものすごく眠たくなるのは胃腸が疲れている証拠です。


閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page