top of page

【自律神経について簡単に解説!。「その②交感神経」】大阪府/東大阪市/八尾市/柏原市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学/ 自律神経失調症/鍼灸ゆーせん

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」に分けられ、それぞれが異なる働きをします。交感神経は活動するときに働く。副交感神経は休息やリラックスをするときに働く。


今回は交感神経についてお話をします。


(交感神経の働き)


交感神経を一言で簡単に表現すると「興奮、緊張」です。


カラダで起こる状態では瞳孔が開く、鳥肌、呼吸か浅く速くなる、心臓の鼓動が早くなる、血管は収縮して血圧が上がる、筋肉に力が入る、汗をかく、胃腸の働きが低下する。


交感神経が過剰に働くと自律神経失調症になります。


交感神経が主に働く時間帯は日中です。


Comments


bottom of page