top of page

【肝のこと東洋医学⑥(肝が弱ると現れる症状!)】大阪府/東大阪市/八尾市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/鍼灸ゆーせん

更新日:2023年3月26日


肝のこと東洋医学⑥(肝が弱ると現れる症状!)です。


それでは肝が弱ると現れる症状をお伝えします。

①精神的な不調(鬱、不安神経症、自律神経)

②不眠

③筋疲労

④眼精疲労や白内障

⑤月経不順

⑥肩こり

⑦動悸

⑧判断力が鈍る。


このように肝が弱ると様々な症状が現れます。



最後に肝を守り活かす方法もお伝えします。


①酸味の物を程よく食べる。

梅干し、お酢など酸味の食べ物を、程よく食べます。量の目安は、食べてツバが出るくらいです。汗が出るくらい食べたり、胸焼けすると食べ過ぎなので注意しましょう。


②朝に軽い運動。

朝に運動すると、肝の働きが良くなります。

ポイントは程よい運動です。激しい運動は肝が弱るので、程よい運動をしましょう。ウォーキング、ストレッチ、太極拳など出来る範囲で行いましょう。


③夜の1~3時は寝ましょう。

夜の1~3時は肝が血をコントロールする時間なので、夜の1~3時は寝るようにしましょう。寝れなくても目をつぶるようにしましょう。夜勤などで夜眠れない方は、帰宅後はお酒や刺激のあるものは避けて、他の肝を守る方法をやりましょう。


④リラックスしましょう。

イライラ、ウツウツした時は肝が弱っているサイン。特に春は肝が疲れやすい季節。朝や夜寝る前、仕事中でも良いので、呼吸法や瞑想などをするように心がけましょう。コツはイヤな考えや思い(妄想)が出た時は、その考えをやり過ごす習慣を身に付けましょう。


⑤疲れたら少し休む。

仕事や趣味などをやり過ぎてしまうと肝が弱ります。仕事などで、疲れたら少し休む習慣をつけましょう。


⑥肝に良い食べ物。

酸味の食べ物、ニラ、春菊、チンゲン菜、梅干し、菜の花。肝に良い食べ物は緑色の食べ物。特に春に旬を迎える緑色の食べ物が良いです。



肝は精神的なストレスと深く関わり、肝を整えると精神的ストレスも軽減されます。精神的ストレスをコントロールして、肝をいたわってあげることで、より健康な生活を送ることが出来ると言えます。


東洋医学での肝は、西洋医学の肝臓とは違います。「肝のこと」は今回が最後です。また機会があれば肝についてお話します。


毎日の生活で肝をいたわってあげましょう🍀🍀🍀





閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page