【夏の胃腸疲れにはお灸でカラダを整えましょう!】大阪府八尾市/鍼灸、整体/鍼灸ゆーせん

更新日:9月13日


暑いのでクーラーでカラダを冷やし、冷たい食べ物や飲み物を沢山食べられたと思います!。


冷たい食べ物、クーラーなどでカラダを長期間冷やすと胃腸が冷えて、次のような不調が現れます。カラダが重たい、下痢、腹痛、めまい、食欲不振、足や顔のむくみ、冷え性など。


このような不調にはお灸(おきゅう)をして体調を整えましょう!。


お灸(おきゅう)は下の写真にあるせんねん灸が使いやすいです。一週間に3回くらい行うと良いです。せんねん灸は底がシールになっているので肌にワンタッチで貼れます。(ドラッグストアやネット通販などで販売しています。)


胃腸を整えるツボ。


足三里(あしさんり)。

場所は膝下の骨から約4cm下で、スネの骨のすぐ外にあります。

中脘(ちゅうかん)。

場所はおへそから約4cm上にあります。

お灸を上手く使い、夏の胃腸疲れ、夏バテを整えましょう!。

閲覧数:1回0件のコメント