top of page

【むずむず脚症候群が不眠症の原因に!!】大阪府/東大阪市/八尾市/柏原市/近鉄八尾/河内山本/高安/恩智/東洋医学/ 自律神経失調症/鍼灸ゆーせん

「むずむず脚症候群」

(別名・下肢静脈不正症候群・レストレスレッグス症候群)


症状は下肢(脚)を中心にむずむずする、痛い、かゆい、虫がはうような感じがするなどの感覚が生じ、下肢を動かさずにはいられない状態を指します。


夕方~深夜に生じることが多く、不眠症につながる場合が極めて多い疾患です。


むずむず脚症候群の原因は不明の場合や他の病気の合併症として現れる事があります。


その中に原因となる病気の1つとして挙げられるのは鉄欠乏性貧血(貧血)です。


(悪化の原因)

カフェイン、アルコール、喫煙、ストレス、過労、不規則な睡眠習慣など。


(対策)

適度な運動(歩行運動)。

鍼灸治療は不眠症とむずむず脚症候群共に有効です😄


閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page